2013年8月15日

特選講評

Filed under: 一般 — 青秀 @ 20:26

公益社団法人創玄書道会の

会報「創玄№112」が届きました。

今回は、今年3月開催の「第49回創玄展」の特集です。

文部科学大臣賞、金子鷗亭記念賞、21世紀賞、東京都知事賞、理事長賞などの作品が掲載され、

顔写真、受賞のことば、そして創玄書道会の先生方による作品評講評も掲載されています。

「特選」を受賞された安達明加さんの作品には、

ダンディーな醍醐春翠(だいごしゅんすい)先生の講評。

「思いのたけを体ごとぶつけ、躍動感

溢れる運筆と潤渇の収め方が素晴らしい。」

と評されています。

醍醐先生の講評、素敵です。

今更ながら、おめでとうございます。

 

 

 

 

1件のコメント

  1. まだ、会報を手にしておりませんが、このような身に余る講評を頂き恐縮です。
    この賞に恥じないように更に精進してまいります。

    コメント by 安達明加 — 2013年8月16日 @ 23:53

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.