2015年7月31日

認定証復活します

Filed under: 一般 — 青秀 @ 12:11

しばらくお休みしていた認定証復活します。
日付を書いて、スキャン、原稿に貼り付け、プリントしました。
各教室で、指導の合間に段級と名前を入れます。
当番さん、段級名簿用意ねがいます。

2015年7月30日

一票の格差~国とは人の集合体なのか?~

Filed under: 一般 — 青秀 @ 00:01

一票の格差を是正ということで、来夏参議院選挙から10増10減案が可決しました。

島根県と鳥取県は人口が少ないということで、徳島県と高知県と合わせて合区ということに。

そもそも「一票の格差」は、何が問題か?

憲法14条は、「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定し、政治的差別を禁止しています。

これにより、最高裁判所が違憲状態だと判断している。といううことです。

この論を突き詰めれば、完全に格差が1.0倍にならないと常に格差があることになります。

どんなに選挙の度に「何増何減」しても完全な格差は、なくならないでしょう。

でも、最高裁は、「格差2倍未満ならまあいい」と結論付けている。

この「一票の格差」については、前から違和感を持っていました。

この論は、「国というものは、人の集合体でしかない」という前提に立っています。

ほんとに、国は、人の集合体なんでしょうか?

人の集合体なら、社団法人やサークルと同じです。

そうなんでしょうか?

 

国には、領土、領海があります。

島根県の面積は、47都道府県中19位です。

45位の東京との面積は3.06倍にもなります。

さらに領海ともなると、竹島を含めると、西日本を網羅するほどの領海が島根県にあります。

そういう領土領海の概念は、国には、関係ないのでしょうか?

島根県民が抱えている、領土領空の広さを含めて、法の下の平等を論じるべきではないでしょうか。

改めて、憲法14条を読むと「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、・・・差別されない」と規定しているだけです。

国会議員1人当たりの有権者の数が一緒でないと法の下の平等でないとは、言ってないでしょう。

「白人は2票、黒人は1票」「右翼は2票、左翼は1票」「男は2票、女は1票」「社長は2票、平社員は1票」「家柄がいい人は2票、悪い人は1票」という差別をするなといううこと。

私には、最高裁判所の判断に疑問を感じます。

さらに国は、国民、領土、領海だけではなく、それぞれの地域ごとに、歴史、文化、伝統があります。

多くの場合、現在の都道府県ごとに、それらが異なります。

もっと言えば、島根県でも、出雲部と石見部では、文化圏が異なります。

各地域の国民、領土、領海、歴史、文化、伝統の代表として選出された国会議員で構成されるべきではないでしょうか?

そういうう論点があって始めて、少なくとも各都道府県1人の国会議員が必要との論が成り立つのではないかと思います。そうでないと、過疎地域のエゴとしかうつらないと思います。

それでも、違憲といううなら、憲法改正すべきでしょう。

 

2015年7月29日

JA共済書道コンクールのお手本(半紙)

Filed under: 一般 — 青秀 @ 12:30

夏休みの宿題「JA共済小中学生書道コンクール」の半紙課題のお手本を書きました。

1年

2年

3年

4年

5年

6年

中1

中2

中3

2015年7月28日

書譜7月競書出品

Filed under: 一般 — 青秀 @ 12:21

出品完了しました。

条幅3枚と半紙3枚、そして硬筆の計7種を毎月出品します。

今月は、毎日展で東京滞在してましたので、ギリギリの出品でした。

2015年7月27日

熊野町全国書画展の課題(ポイント)

Filed under: 一般 — 青秀 @ 12:07

過去のスタッフダイアリーに

「熊野町全国書画展の課題(ポイント)」を見つけました。

2011年7月8日 http://blog.shogein.jp/?p=1473 です。

課題は全く変わっていません。

学年ごとの書き方のポイントを丁寧に記載してます。

夏休みの宿題として参考にしてください。

2015年7月26日

土日は、錬成会2連ちゃん

Filed under: 一般 — 青秀 @ 21:47

東京滞在結果、この土日は、そのシワ寄せで、かなりハードに。

土曜は、市役所硯清会。午前9時から14時まで、取り組みました。

2時からは、城北教室でした。

日曜日は、講武公民館で、一般錬成会、一日です。

9月開催の「書芸院展~青秀と仲間たちの世界」の作品づくりです。

もう一度、来月の8月29日(日)に書芸院展、市美展〆切錬成会です。

 

2015年7月25日

寶研堂を訪問②「どじょう鍋をいただきました」

Filed under: 一般 — 青秀 @ 12:24

青柳貴史さんに浅草名物、

駒形どぜう(こまがたどじょう)本店につれて行っていただきました。

生まれて初めての「どぜう鍋」

ごぼうをのせて、

ねぎをのせて、

いただきました。

ビールもすすみます。

うなぎが高騰して、手が届かない今、

夏バテ防止には、「どじょう」でいきましょう。

青柳さんありがとうございました。

 

 

2015年7月24日

寶研堂を訪問①「硯を彫ってみました」

Filed under: 一般 — 青秀 @ 12:42

浅草にある寶研堂を訪問しました。

書道業界一のイケメン青柳貴史さんの寶研堂です。

硯職人として「TV和風総本家」などにも出演されました。

お願いして、硯を掘る体験をさせていただきました。

超合金でできた彫刻刀の切れ味が良く、意外と彫りやすい。

三大名硯の端渓硯(たんけいけん)や歙州硯(きゅうじゅうけん)、澄泥硯(ちょうでいけん)

石によって彫り味が異なります。

墨の下り方が違うはずです。

墨磨り機でばかりを使ってましたが、

硯にも、凝ってみようかなと思いました。

2015年7月23日

受賞作品に対面

Filed under: 一般 — 青秀 @ 23:33

7月22日(水)から毎日書道展(後期展)が始りました。

今回佳作賞受賞の作品「銀河の波濤 悠遠の宇宙にきらめく星」に対面しました。

もっと白を効かせないと、反省しました。

今回の受賞で、毎日展公募を卒業となります。

来年からは、毎日書道会会員としての出品です。

そのつもりで、会員の先生方の作品を拝見しました。

来年は、もっと垢ぬけた作品を書こうと思いました。

後期展は、8月2日(木)まで、国立新美術館(東京六本木)で開催されます。。

2015年7月22日

昇段試験結果(速報)

Filed under: 一般 — 青秀 @ 19:48


石飛響さん、準特待生に合格!
古瀬香さん、西宏規さん初段へ
小立和子さん準初段へ
雅号考えないといけないですね。
他にも、多数昇段級してるようです。
皆さん、おめでとうございます。

Older Posts »